動作分析ドリル

-動作分析を爆発的に成長させるたった7つのルール-

今すぐ欲しい方はこちら

警告!動作分析をしたくない人は本書を読まないでください

なぜなら、少ない自己投資で周りのセラピストと大きな差をつける「最強の武器」が手に入るからです…

ドリルを購入して差をつけたい方はこちら

あなたもこんな経験ありませんか?

・「何度も何度も動作を見るけど全然わからない・・・同期はあんなに動作が見れるのに・・・何か特別な方法があるのか?」
・「ずっとこのままでいいのか?いつか動作分析が勝手にできる日が来るのか?1回動作を見ただけで、問題点を抽出するにはどうしたらいいのか・・・?」
・「一向に動作を見ることができないし、時間がかかる。今、自分がやるべきことは本当にコレでいいんだろうか?どうやったら動作分析を素早くできるのだろうか・・・?」
・「どうやって問題点抽出をするのか?知識をつけるのか?何度も動作を見るのか?評価結果を結びつけていくのか?正直何をしていいのかわからない・・・」

いかがでしょうか?コレは多くのセラピストの方々が抱えている問題です。

もしあなたがこの中の1つでも当てはまったら、最後までページを読み進めてみてください。動作分析の迷いを一気に解消して、動作分析の能力を爆発的に成長させる方法をお伝えします

動作分析がうまくいかない最大の理由

その根本の原因とは、

「今自分が何をするべきで、何をしなくていいのか、がわからない…」

ということです。

実は、多くの理学療法士、作業療法士などのリハビリ関連職種の方は、「やらなくていい無駄な時間」を費やしています。

例えば、動作分析をするために、第1相で働く筋肉はコレで、関節はこう動いて…と途方もない作業をしていたり、動作を動画に撮ってスローで何度も見返したり。技術系のセミナーにたくさん参加してみたりするけど、結局は動作分析でつまづいたり…

今、自分が何をすべきか?確信がないからこそ、色々なことに手を出してしまいます。

(本当は、もっと患者さんにこんなリハビリを提供したい、あれやりたいコレやりたい、でも「動作を見ること」に時間を取られていて、根本の問題点がわからない、どうやって動作を見たらいいかがわからない、最終的には、これまでやってきた方法を取るしかない…と毎回諦めて同じことをしてしまうんです…)

でもちょっと待ってください。もしあなたが動作分析を出来るようになって、根本の問題点がわかるようになり、アプローチに集中できたら、、、

動作分析の秘密「見るべきポイントを決める」

これは、動作分析が得意な人の共通点ですが、治療技術がありながらも動作分析も余裕でこなすセラピストの特徴は、「見るべきポイントを決めている」ということです。

アップルのスティーブ・ジョブズも「やらないことを決める」という言葉を残しています。これは、やらないことを決めた時点で、やるべきポイントが決まるということ。

そして、「見るべきポイントを決める」ために必要なのが、「ルール」です。ルールとは、ある決まりごとを作ってしまうということ。ルールが決まれば、動作を見るポイントに集中できます。

でも、動作分析のルール、なぜ皆持っていないのでしょうか?

事実、動作分析ができない人の理由は、「ルール」を持っていないからと考えています。が、、、それはある意味仕方のないことです。なぜなら、リハビリ業界に出回る動作分析のルールの多くは、複雑で難しい。結局あれもこれも重要という結論になることが多いんです。

では、リハビリ職種になりたての新人さんや、学生さんでも簡単に「ルール」を見つけて動作分析を得意になる方法は、ないのでしょうか?

それこそが本書「動作分析ドリル『7RULEs』」のメインのテーマです…

動作分析を爆発的に成長させる
「7RULEs」

この本を書いたのは、理学療法士であり、日本で初めて局所性ジストニア(ランナーズジストニア)の完治例を、動作分析によって導き出すことに成功した西山祐二朗です。これまで原因不明として難病扱いされていたこの局所性ジストニア。そんな誰も成し得なかった完治に導いた背景には、この動作分析の7つのRULEがあったのです。本書は、その動作分析への一番の近道「7RULEs」をあなたに伝授します。

他の動作分析の書籍と大きく違うのは、難しくない、大金は必要ない、動作分析が出来るようになるのには多くの時間も必要ないということです。

これは、理学療法士や作業療法士だけでなく、学生さんのために書かれたものなので、まず、大金は必要ありません。(多くの動作分析に関する書籍は5,000円前後するものばかりです。)
それに、本書の指示通りに1つ1つのドリルを実践していくだけで、勝手にあなたの中に「RULE」が染み付きます。(本書に載っている7つのルールに従うだけ…です。)

早い人なら30分もあれば「今何をやればいいか、何をやらなくていいか、どんな順番で、何をするのが動作分析への近道か」が明確になるでしょう。

最終的には、1ページにあなたに必要な全ての動作分析の内容がまとまるので、見返すのも簡単です。

では、本書には、具体的にどんな内容が書かれているのか?その一部をご紹介すると、、、
POINT
1

7つの基礎動作

・「寝返り動作」(脳梗塞後遺症、パーキンソン病、小脳梗塞…)
・「起き上がり動作」(脳梗塞後遺症、パーキンソン病、術後の整形疾患…)
・「立ち上がり動作」(脳梗塞後遺症、小脳梗塞、パーキンソン病、脊髄小脳変性症…)
・「リーチ動作」(小脳梗塞、脊髄小脳変性症…)
・「バンザイ動作」(肩関節周囲炎、脳梗塞後遺症…)
・「歩行動作」(脳梗塞後遺症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症…)
・「走行動作」(スポーツ整形…)
POINT

7つの応用動作

・「洗髪動作」(脳梗塞後遺症、肩関節周囲炎…)
・「移乗動作」(脳梗塞後遺症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症…)
・「更衣動作」(脳梗塞後遺症、肩関節周囲炎、パーキンソン病、脊髄小脳変性症…)
・「ランジ動作」(スポーツ整形…)
・「ジャンプ動作」(スポーツ整形…)
・「ピッチング動作」(スポーツ整形…)
・「スウィング動作」(スポーツ整形…)
POINT

7つの分析ポイント

・「上半身」(上半身の重心移動を追えるようになる)
・「下半身」(下半身の重心移動を追えるようになる)
・「準備期」(重心移動をする前の予備動作を見れるようになる)
・「重心移動期」(どういう順番で重心移動が行われているかを知る)
・「調整期」(運動が止まる直前はどのような活動で制御しているかを見る)
・「重心動揺」(その動作の中で余計な動きが出ている場所を見分ける)
・「姿勢」(運動開始前後の姿勢を考慮して動作を見る)
POINT

7つのチェック動作

・「背臥位」(一番安定していると言われている姿勢が動作にどのように影響するか)
・「側臥位」(一番とる機会が少ない姿勢と動作の関係性を知る)
・「座位」(日中のほとんどの活動である座位と動作の関係性を知る)
・「立位」(応用動作のほとんどの開始前の姿勢と運動との関係性を知る)
・「片脚立位」(高度なバランス活動の際の体の戦略を見つける)
・「バランス反応」(様々なバランス戦略の見方を身に付ける)
・「片手バンザイ」(片手ずつ動きを見る重要性を知る)

内容紹介

<読み方>

本書の読み方は、図解が多く書き込むページなのか、読んで理解するページなのかを一目で見やすく作成されています。多彩なキャラクター達も登場するので、これまでの医学書のイメージを覆すものになっています。

<1日目>

このように穴埋め方式の部分を埋めていきます。難しいと思うことなくどんどんと次に進んでいけるので、長く継続することができます。1日目は、動作は姿勢から姿勢への変化ですよということを理解する日になります。それだけ覚えればあとは、どんな動作にも応用することができます。

<4日目>

本書で一番大切なのが、この動作分析タイムラインです。このタイムラインに何を書けば、一目で見やすくなるでしょう?そのように考えながら書き込んでいくことで、脳の記憶や想起する訓練までできます。

<17日目>

どんどん実践に近くなってきています。本書では、392本の動作分析用動画を用意しています。その動作を毎日繰り返して練習していくことで、動作分析の力がみるみる向上していきます。

警告!動作分析をしたくない人は本書を読まないでください

冒頭でも言いましたが、本書は、あなたに最適な7つのRULE、臨床に応用するための道筋、「動作分析への一番の近道」を示すものです。

不安な気持ちで歩く一歩と、確信した気持ちで歩く一歩では、そのスピードも、力強さも、雲泥の差があります。道を進むことは簡単ですが「その道が本当に正しいと確信して進むこと」はとても難しいです。

ですが、今からあなたは、この本の指示通りに7つのRULEを取り入れるだけで「動作分析への一番の近道」、臨床に応用するための「道筋」を簡単に作り上げることができます。

難しい専門用語を覚える必要も、何年もかけてそのタイミングで働く筋肉や動く関節を細かく覚える必要もありません。

ただ、このRULEを知っているか、知らないか、そのちょっとした違いが、臨床で結果を出せたり、なかなか結果が出なかったりするのです。あなたはいつ「動作分析を得意になる為の7RULE」を手に入れるでしょうか?1ヶ月後、1週間後、それとも今日…?

動作分析ドリル
『7RULEs』
ー西山祐二朗 著ー

販売価格3,850円(税込)


今すぐ購入する

FAQ

Q
ドリルだけで理解できない場合は?
A
ドリルだけで理解できない場合は、しっかりとアフターフォローさせていただきます。質問はいつでも無料で行えます。さらに、もっと細かく学びたい方は、7RULEsの部屋をご用意しています。詳しくは、こちらからどうぞ。https://7rooms.gtc-fukuoka.com/
Q
お支払方法は?
A
書籍販売会社の規約通りになります。
詳しく聞きたい方は、特設グループからご連絡ください。
Q
ドリルだけで理解できない場合は?
A
ドリルだけで理解できない場合は、しっかりとアフターフォローさせていただきます。質問はいつでも無料で行えます。さらに、もっと細かく学びたい方は、7RULEsの部屋をご用意しています。詳しくは、こちらからどうぞ。https://7rooms.gtc-fukuoka.com/